半身浴は意味がない?効果的な方法でバスタイムを有効に使おう!


健康面や美容面で嬉しい効果があるといわれる半身浴。しかし、間違った入浴の仕方では望むような効果が得られないことも…。
正しい半身浴の方法を知って、バスタイムを有効に使いましょう!

 

1.半身浴は体にいい?基本的な半身浴の方法もご紹介


「ぬるめのお風呂に長時間入って、汗をかくのが半身浴」というイメージがありませんか?
汗をかきたいからといって1〜2時間入っていたり、水分をとらずに入浴したりという行為は危険!基本的な半身浴の方法をまずはしっかりおさえましょう。

 

半身浴の基本的な入り方
みぞおちから下の半身を、38〜40度の湯船にゆっくりとつけます。時間は20〜30分程度。

 

空調が整っていない場合は、上半身が冷えてきます。乾いたタオルを羽織って入浴しましょう。入浴中は汗をかくので、水分補給を忘れずに行ってください。

 

半身浴の基本的な入り方をマスターしたら、様々な効果を感じられるようになりますよ。個人によって感じ方に差はありますが、体に与えるいい影響をいくつかご紹介します。

 

1-1. 足のむくみが緩和する

足のむくみは、血液の流れが良くなることによって解消されます。短い時間だと、血液はあまり循環しません。お湯につかっている時間に影響されるため、ある程度長くお湯につかることが大切です。
暑い夏などは、同じお湯の温度でも全身浴に比べて半身浴の方が熱く感じにくく、長時間入浴できるのでおすすめです。

 

1-2. デトックス効果

ゆっくりと身体を温めると、体からドロドロとした汗が出てきます。ドロドロとした汗には脂肪やたんぱく質、アンモニアなどの老廃物が含まれており、ぬるめのお湯でじんわりと温まる半身浴は、この汗が出てきやすいです。汗をかくことによって、老廃物を排出するデトックス効果が期待できます。

 

1-3. 安眠効果

ぐっすりと眠るには、リラックスすることが大切です。半身浴をすることで、リラックスした状態の時に働く副交感神経を優位にすることができます。その結果、安眠効果を期待することができます。

 

 

ちなみに「半身浴にはダイエット効果がある」といわれていますが、1回の半身浴で消費されるカロリーは50kcal前後です。即効性のあるダイエットとは言えませんが、半身浴をすると血流が良くなります。老廃物がたまりにくくなるので、体質改善には役立つでしょう。

 

2.半身浴の注意点を知って、バスタイムを楽しもう!


基本的な半身浴の入り方を踏まえた上で、注意点がいくつかあります。

 

2-1.長時間の入浴は控える

半身浴の入浴時間は20〜30分が目安です。長時間だと脱水症状やカサカサ肌の原因にも。長時間入浴するのではなく、途中でクールダウンをしながら入浴しましょう。

 

2-2.浴室を暖かくする

半身浴中、浴室が寒いと上半身が冷えやすくなります。安全に入浴するためにも、浴室の環境を整えてから入浴しましょう。難しい方は乾いたタオルを羽織り、上半身を冷やさないように心がけましょう。

 

2-3.水分をこまめにとる

入浴中は汗をかいて血液の粘土が高くなるため、ドロドロの血液になるといわれています。水分不足から脱水症状を起こす危険性もあるため、水分をこまめにとりましょう。

 

2-4.食後は時間をあけて入浴する

食後は食べ物を消化するために、胃腸が活発に働いています。その時に入浴してしまうと、必要な血液が全身に回ってしまい、消化不良を起こす危険性があります。食後30分〜1時間ほど時間を空けてから入浴しましょう。

 

半身浴中のバスタイムを楽しむために、お風呂で本を読んだり、音楽を聴いたりするのもいいですね。入浴剤などを入れて色や香りを楽しんでもOK!快適なバスタイムを過ごしましょう♪

 

(まとめ)
半身浴には健康や美容に関わるメリットがたくさんあります!忙しい日々の中で、たまにはゆっくりとバスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?