短いまつ毛で悩んでいる方必見!おすすめのまつ毛対策


目の印象は顔全体に影響を与えるため、まつ毛を気にしている方はたくさんいらっしゃいます。そのため、まつ毛がすぐに抜けるとショックを受けるのではないでしょうか。まつ毛を何とか長くしたい・濃く見せたいとさまざまな努力をしても、なぜかすぐに抜けてしまうと悩んでいる方はケアの方法を誤っているかもしれません。そこで、この記事では、まつ毛を長くする方法について解説していきます。短いまつ毛で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

1.そもそもまつ毛が短くなる原因とは

まつ毛が薄い方は「遺伝的なものでは」と疑う方もいらっしゃいますが、多くの場合はケアを誤っているのです。まつ毛は髪の毛と同様に、ヘアサイクルがあります。目に見えない毛根の中で毛が育っている「成長初期」、表面に出てくる「成長期」、成長が止まる「退行期」、そしてまつ毛が抜ける「休止期」です。この内、まつ毛が短いと悩んでいる方は、成長期が短い傾向にあるのです。

 

正常なヘアサイクルでは、成長初期から休止期までが約2ヶ月前後で一巡します。しかし、誤ったヘアケアなどによってヘアサイクルが短くなると、本来太く伸びていく時期に抜けてしまうので、まつ毛が短く薄いものになってしまうのです。

 

まつ毛を伸ばすのは、普段の生活のちょっとした工夫でできます。短くなってしまうのは、決して遺伝的なものではありません。次の項目でまつ毛を伸ばす方法について解説していきます。

2.まつ毛を伸ばす方法

2-1.まつ毛にダメージを与えない

まつ毛が伸びきらずに抜けてしまう原因の1つは、まつ毛へのダメージです。例えば、まつ毛にダメージを与える行為として「メイクを落としきれていない」があります。マスカラやマツエクをつけるには接着剤をつけますが、これが残っていると常に重りをつけている状態になるのでまつ毛にはよくありません。

 

また、反対にメイクをしっかりと落とすために、擦ったり引っ張ったりすることです。まつ毛はちょっとした力でも抜けてしまいます。そのため、力強く擦ったり引っ張ったりすれば、抜けにくい成長期のまつ毛でも簡単に抜けてしまうのです。

 

他にも、ビューラーで力を入れるのもよくありません。まつ毛だけをカールさせているつもりでも、力んでしまうと毛根にダメージを与えてしまうのです。まずは、まつ毛をやさしく扱うことを心がけてみましょう。それだけでも、まつ毛の抜け毛を減らせるのです。

 

2-2.まつ毛を適切にケアする

まつ毛を適切にケアするポイントは、補修と保湿の2点です。
髪の毛を毎日リンスやコンディショナーでケアするように、まつ毛もまつ毛トリートメントを使ってしっかりとダメージを補修することが大切です。まつ毛トリートメントを利用することで、抜け毛の原因となるダメージを軽減できます。また、トリートメントによっては補修だけでなく、オタネ人参エキスやキャピキシルなどの栄養を含んだものもあります。これらの栄養成分を含んだまつ毛トリートメントを利用することで、まつ毛に有効な栄養ができて育毛が可能になるのです。

 

まつ毛の保湿を軽く考えている方は多いですが、まつ毛を伸ばしたいならしっかりと考える必要があります。乾燥は肌にダメージを与えるように、まつ毛にもダメージとなって蓄積していきます。そのため、まつ毛も適度に保湿することが欠かせません。ワセリンを手につけてやさしく塗ることで簡単に保湿ができるので、まつ毛がすぐに抜けてしまう方は試してみてください。

 

3.生活の些細なことに気をつけるとまつ毛が伸びる!?

まつ毛はタンパク質から作られているので、毎日の栄養摂取が欠かせません。栄養に偏りがあると心当たりがある方は、食事を改めてみてください。そうすることで、まつ毛に栄養が届いて伸ばすことができます。

 

また、睡眠不足もよくありません。睡眠不足によってストレスがたまると、毛の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。すると、まつ毛も伸びにくくなるのです。