ダイエットをしている方なら、一度は耳にした事がある低炭水化物ダイエット。
どんなダイエットか詳しく知っていますか?自己流で取り組んでいると逆効果にもなりかねない、危険なダイエットでもあるのです。
今回は、低炭水化物ダイエットの基本や危険性についてもご紹介します。

 

1.低炭水化物ダイエットとは?基本をおさえよう!


炭水化物が多く含まれるご飯・パン・麺類などを控え、糖質が脂肪として蓄積されるのを防ぐ食事法のことをいいます。

 

1-1.そもそも炭水化物とは?

 

私たちが生きる上で欠かせない三大栄養素「たんぱく質・脂質・糖質」の中の糖質に当てはまるのが炭水化物です。糖質+食物繊維で構成されていて、白米・パン・麺類・かぼちゃ・いも類などに多く含まれています。
空腹時や運動時の血糖値を調整する、脳などのエネルギー源になるといった働きがあります。

 

 

1-2.低炭水化物ダイエットのポイントは?

 

「ただ炭水化物を抜けばいい」という安易な考え方は危険です。ポイントを押さえた上で取り組んでいきましょう!

 

@よく噛んで食べる
よく噛んで炭水化物を吸収する事により、血糖値の上昇が抑えられます。そうすることで、脂肪として体内に蓄積されにくくなります。

 

A夜は控えめにする
夜は体の活動量や脳の働きが減るため、糖質を消費しにくくなります。その結果、脂肪として蓄積されやすくなるのです。

 

BビタミンB1、B2も一緒に摂取する
糖質が効率よくエネルギーに変換されるので、脂肪燃焼にも効果あり!ビタミンB1が多く含まれるニラ、ニンニク、ネギなどがおすすめです。

 

C糖質を減らした分、タンパク質と脂質をしっかりと摂取する
1日に摂取するカロリーの大半を、炭水化物が占めています。その炭水化物を減らしてしまう事は、摂取カロリーを大幅に減らすことにもなるので危険です。
タンパク質や脂質の含まれる食べ物をしっかりと食べ、カロリーを減らしすぎないようにしましょう。肉・魚・大豆などをバランスよく食べると良いでしょう。

 

D食物繊維をとる
米などの炭水化物には、食物繊維が多く含まれています。炭水化物を減らす事で、食物繊維も不足しがちに…。緑黄色野菜やきのこ、海藻類を積極的に食べるようにしましょう。

 

2.効果はあるの?危険性についても知っておこう


1か月で3キロ減量した人や、それ以上減量したという人もおり、短期で痩せたい人向けのダイエットといえるでしょう。

 

ただ、低炭水化物ダイエットにはさまざまなリスクがあると言われています。

 

? 集中力の低下
? 肝臓機能の低下
? 疲労が溜まりやすくなる
? めまいや頭痛
? 生理不順
? 筋力や体温の低下
? 便秘や肌荒れ

 

炭水化物が含まれているものを全く食べないといった極端な食べ方をしていると、体にも負担がかかり逆効果です。1日に摂取する炭水化物の量は、いつもの半分〜3分の1(90g〜150gほど)に抑えるようにしましょう。

 

 

(まとめ)
減量の基本は、摂取カロリー<消費カロリーです。流行だから、すぐに痩せたいからと色々なダイエットに挑戦しても、リバウンドしてしまうのは目に見えています。

 

低炭水化物ダイエットをご紹介しましたが、こちらのダイエットも危険性をともないます。医師や管理栄養士の方など、プロに相談した上で行うのがおすすめです。

 

長い目で見て、健康的&活動的に過ごせるようなバランスの良い食生活を心がけましょう。