ダイエット中は食事制限をするのが一般的です。食事に制限を加えることで摂取カロリーを減らせるので、ダイエットが進められるからです。しかし、厳しい食事制限でダイエットを挫折してしまう方や食べられないストレスでダイエット終了後にリバウンドしてしまう方もたくさんいらっしゃいます。そんな食事制限でダイエットを失敗した方におすすめなのが雑穀米です。雑穀米はダイエット中に食べることで、痩せやすくなるのです。この記事では、雑穀米のダイエットへの優位性について解説していきます。

 

1.雑穀米を使えばかむ力でダイエットがスムーズに進む

ダイエット中に負担になることといえば、食べたいのに食べられないストレスではないでしょうか。実はこのストレスは過食を誘発する要因にもなるので、ダイエットを余計に難しいものにしてしまうのです。そのストレスを軽減できるのが雑穀米なのです。

 

雑穀米は白米以外にさまざまな穀物が入っているので、白米だけのときよりも咀嚼回数が増えます。「咀嚼回数が増える」というのが大きなポイントです。咀嚼回数が増えるとそれだけ食事のスピードが遅くなるので、食べ過ぎを抑えやすくなるのです。肥満で悩んでいる方は早食いの傾向にあります。早食いをすると胃の中はいっぱいになっても満腹を感じるまでに少し誤差があるので、ついつい余計に食べ過ぎてしまいます。その結果、食べ過ぎて余計なカロリーを摂取しやすくなるのです。しかし、雑穀米を食べることで胃袋の状態と満腹を感じるまでの時間差を埋められるので、食べ過ぎのリスクを起こしにくくできるのです。

 

また、咀嚼には満腹中枢を刺激してくれるので、満腹を感じやすくする作用もあるのです。白米だけならかき込むように食べられますが、雑穀米が入るとしっかりと噛みしめて食べるので、咀嚼回数が自然と増えます。すると、満腹感を得られやすくなるので、今までよりも食べる量が減っても満足できるようになるのです。つまり、ダイエット中の「もっと食べたい」というストレスを感じにくくできるので、雑穀米はダイエットに有効な食べ物なのです。

 

2. 栄養価が高いのでダイエットに最適!

雑穀米がダイエットに優れている理由は、栄養価が高いところもあります。例えば、雑穀米は商品によっていろいろ違いはありますが、基本的にアワやキビ、黒米、もちむぎ、押し麦、いりごまなどが含まれています。これらにはビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、ダイエット中に不足しがちな栄養素を補給できるようになるのです。

 

特に、ビタミンの補給は影響が大きいといえます。ビタミンB群は代謝をサポートする作用があるので、不足するといくら運動をしていてもスムーズな代謝がなされずに太りやすくなってしまいます。白米だけではビタミンB群は不十分ですが、雑穀米にすることでしっかりと補給できるようになるので、ダイエットを行いやすくなるのです。また、食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は消化器官で消化されず、反対に水分を吸収して膨張する作用があります。そのため、胃に到達するとドンドン膨らんでいくので、満腹になりやすくなるのです。

 

商品によって栄養素には違いがあるので、自分に合ったものを選べばさらにダイエット効果を高められます。いろいろ吟味してみてはいかがでしょうか。

3.何よりも雑穀米は太りにくい食材なんです

雑穀米はGI値が低いので、数値の上でも太りにくい食材なのです。GI値とは、食品が体内に入ってブドウ糖に変わって、血糖値を上げる速さを数値化したものです。例えば、GI値が高ければ血糖値が上がりやすいので、インスリンの分泌量も増えます。インスリンは脂肪を溜め込む性質があるので、血糖値を上げないことがダイエットには欠かせません。そのため、GI値が低い食材はダイエットに優れているのです。

 

雑穀米はGI値が約55です。一方、白米は84で、一般的に70以上は高い数値といわれているので、白米と比べて雑穀米がいかに優れているかお分かりいただけると思います。GI値が食材を選ぶ基準というわけではないですが、雑穀米はいくつもダイエットで優れた点があるので、ぜひ雑穀米を検討してみてください。