ダイエットでは食事と運動で厳しい制限をかけなければなりません。食事は食べるか食べないかなので、「気持ちで乗り切れる」という方もいらっしゃるでしょう。しかし、普段運動をしない方が急に身体を動かすと、筋肉痛を起こしたり関節を痛めたりして気持ちではどうにもならなくなります。そんな運動でダイエットを挫折した経験がある方は、水泳がおすすめです。水泳はダイエットに適した運動で続けやすいので、この記事を読んで、参考にしてみてください。

 

1.水泳は有酸素運動だからダイエットに有効!

水泳はダイエットに極めて有効な運動です。ダイエットには有酸素運動が適しているといわれていますが、水泳はこれに該当するからです。有酸素運動とはウォーキングやサイクリングなどのように、運動中に糖質や脂質を燃焼させてエネルギーを作り出す運動のことです。糖質は消費されずに余ると脂肪になります。脂質もまた消費されなければ脂肪として身体に蓄積されていきます。つまり、水泳は脂肪の原因となる糖質や脂質を燃焼させられる運動といえ、ダイエットに有効です。

 

2.水泳ダイエットのメリット

水泳でダイエットする最も大きいメリットは、消費カロリーが大きいところです。また、バランスよく全身を刺激できるところも有効といえるでしょう。ここでは、水泳ダイエットのメリットについて解説していきます。

 

2-1.消費カロリーが大きい

ダイエットでは消費カロリーを増やすことが大切ですが、水泳を取り入れることで効率よく消費カロリーを高めることができるのです。例えば、50kgの方が1時間陸上でウォーキングをすると約158kcal消費されますが、水中歩行にするだけで約236kcalに変わります。陸上か水中かの違いだけで約80kcalもの違いが発生させられるのです。さらに、平泳ぎなら約278kcal、クロールなら約430kcalも消費するので、いかに水泳の消費カロリーが大きいかがおわかりいただけると思います。

 

2-2.水圧が血行を促進して代謝をアップする

水の中に入るだけではあまり意識できないかもしれませんが、水中では身体全体に水圧がかかってします。そのため、一種のマッサージ効果によって血行がよくなるのです。血行がよくなると細胞の働きが活性化するので代謝がアップします。その結果、消費エネルギーが増えてダイエットがしやすくなるのです。陸上では得られる負荷が限られているので、代謝が大幅に大きくなることはありません。しかし、水泳なら消費カロリーが大きいだけでなく水圧によって血行が促進されて代謝がアップするので、ダイエットに高い効果が期待できるのです。

 

ちなみに、水中では体温が下がるので、身体は体温をもとに戻そうと熱を作り出します。その過程でも脂肪の燃焼が促進されて代謝がアップするので、ダブルの効果でダイエットが進められるのです。

 

3. 水泳ダイエットはとにかく続けやすい


ダイエットの運動で挫折する方で多いのが、身体を痛めることです。運動によって筋肉や関節を痛めてしまうので、続けられなくなってダイエットを途中で止めてしまうのです。しかし、水泳なら身体を痛めるリスクが小さいので、ダイエットの挫折がしにくくなります。例えば、水中では浮力があるので、関節などへの負担が小さくなります。その結果、ランニングでは傷めがちな膝などの関節を痛めることがありません。

 

また、歩くだけでも大きなダイエット効果があることも水泳が続けやすいところです。運動が苦手な方にとって運動は何をしたらいいのかわからないので、加減がわからず無理をしてしまいがちです。しかし、水泳なら水中歩行でも高い効果が期待できるので、プールへ歩きに行くだけでダイエットができます。そのため、運動がしやすくて続けやすいといえるのです。

 

もちろん、身体への負担が小さいので、水泳の頻度も自由自在に調整しやすいのも続けやすいところです。ダイエットの運動で困った方は、ぜひ水泳を取り入れてみてください。