ダイエットを1ヶ月で結果を出す!思い立った方におすすめの方法

 
 


ダイエットを1ヶ月で結果を出したいと考えている方は、厳しい運動や食事制限から始めているのではないでしょうか。ダイエットには運動も食事の見直しも必要なので、一見有効な気がします。しかし、短期間で効果を出したいのであれば、それだけでは不十分です。必要なのは、カロリー管理をしっかりと行うことです。そして、それを基に運動と食事のスケジュールを決めるのです。この記事では、短期間でダイエットで結果を出すために必要な道筋を紹介していきます。短期間で結果を出したい方は参考にしてください。

 

1.ダイエットはカロリー管理から始める

「食事制限で摂取カロリーを減らしているけど、これもカロリー管理」と疑問を持っている方がいらっしゃいます。答えをいうと、ただ単に摂取カロリーを減らすだけではカロリー管理ではありません。そこで、具体的にどのようなことをすればカロリー管理になるのか説明していきます。

 

まず、ダイエットするためには無駄な脂肪を燃焼させなければなりません。では、1キロの脂肪を燃焼させるのに必要なカロリーはご存知でしょうか。答えは、7200キロカロリーです。1キロ減らしたいのであれば、7200キロカロリー、2キロ減らしたいのであれば、14400キロカロリーの消費をしなければならないことがわかります。つまり、この数字を基礎にして食事や運動のスケジュールを組めば、1ヶ月で思い通りの結果を出すことができるのです。

 

ただ単に食事制限をしていたのでは、必要な栄養の摂取が妨げられている場合があります。また、厳しすぎる運動をしようとしたのでは、身体がついてこられずに挫折の要因になってしまいます。食事も運動も適度なレベルを探るために、まずはカロリー管理をするようにしてください。

 

2.自分に合った食事量を決まる

栄養バランスのよい食事をすることがダイエットでも必要です。しかし、どれくらい食事を抑えればいいのかわからないので、極端な制限をしている方が大勢いらっしゃいます。そのような食事をしていると、筋肉が落ちたり身体を壊したりしてダイエットをしにくくなります。そこで、ここでは摂取カロリーの目安を導き出したいと思います。

 

まず、日本の女性の場合、基礎代謝量(何もしなくても消費されるエネルギー量)は約1200キロカロリーといわれています。これを基準にして、普段の運動量によって食事の量を考えていきます。例えば、デスクワークなどで普段運動をしない方の場合、1日に消費するカロリー量はトータルで約1750キロカロリーです。つまり、1ヶ月で1キロ痩せようと思えば、1日の摂取カロリーは1510キロカロリーに抑えればよいことがわかります。

 

※1キロ減らすのには7200キロカロリー必要なので、これを30日で割ることで1日にカットすべきカロリーの量を計算しています。

 

毎日食事を3回食べると換算して、1食当たり500キロカロリーくらいの摂取カロリーにすれば1ヶ月に1キロ痩せる目標を達成させられるのです。もし、通勤や通学、仕事などで毎日しっかりと身体を動かしている方は、それに応じて消費カロリーが高くなります。自分に適した数値を出すようにしてください。

3. 運動は時間を決めて行う


運動をするときのポイントは、時間です。短期間で結果を出すためには、効率的な運動をしなければなりません。そこで、運動をするときは30分以上の時間を作ってから行うようにしてください。

 

その理由は、運動開始20分は主なエネルギー源が糖質なので、脂肪が十分に燃焼されないからです。20分を越えるとようやく脂肪の燃焼されるペースが上がってきます。つまり、少なくても30分くらいは運動をしないと、ダイエットにとって効果的な運動をしたといえないのです。

 

もう一つ、急にハードな運動をしないことです。ハードな運動を急にすると膝などの関節を痛める原因になります。優しい運動でも十分にダイエットに効果があります。あまりハードな運動をするのではなく、自分に合ったレベルと運動を続けるようにしましょう。