ダイエットのために食材に気を遣っている方はたくさんいらっしゃいます。
そんな方の中には積極的に乳酸菌を摂取している方も多いのではないでしょうか。

 

乳酸菌は腸内環境を整えてダイエットを後押ししてくれるので、ダイエット期間中によく摂取されるものです。
それに加えて健康にも一役買っていることから、健康的にダイエットしたい方に人気があります。

 

この記事では、ダイエットに乳酸菌がどのような役割を担っているのか、また効果的な摂取方法について解説していきます。


 
 

 

1.乳酸菌は健康的なダイエットに効果的!

ダイエットをするためには、摂取するエネルギー量よりも消費するエネルギー量の方が多くなくてはなりません。

 

この内、乳酸菌を摂取すると消費エネルギー量を増やすことができるので、ダイエットに有効なのです。
また、乳酸菌は腸内に到達すると身体にとって有益な働きをする善玉菌の味方として働いてくれます。

 

その結果、腸内環境が整って健康面にもよい効果を生み出すのです。

 

次の項目以降で具体的にどのような働きをするのかについて解説していきます。

 

2.乳酸菌が基礎代謝をアップさせる

乳酸菌を摂取すると基礎代謝がアップして消費エネルギーが増えるので、ダイエットに有効なのです。

 

乳酸菌は腸内環境を整える効果がありますが、それによって腸の機能がアップして栄養の吸収率が改善されます。
すると、全身の細胞に対して十分な栄養が供給されるようになります。

 

その結果、細胞が活性化して基礎代謝がアップするのです。

 

基礎代謝とは、生命を維持するためになされる活動のことで、呼吸や血液の循環などがあります。

 

基礎代謝がアップするとは、これらの活動によって消費されるエネルギー量が増えることですので、ダイエットが有利になることを意味するのです。

 

つまり、乳酸菌を摂取すると腸内環境が整って基礎代謝がアップするので、ダイエットがしやすくなるといえるのです。

 

また、腸内環境がよくなると便秘が解消されたり食欲不振が改善されたりするので、健康にも有効です。

 

3. 乳酸菌で健康的にダイエット


乳酸菌を摂取してダイエットを行うメリットは、ダイエットをするのと同時に健康にもなれるからです。

 

通常、ダイエットでは食事制限をするので、摂取できる栄養量が減って健康にダメージを与えてしまいます。
しかし、乳酸菌を摂取すれば健康へのダメージを抑えられるどころか、健康的にしてくれるのです。

 

乳酸菌を摂取すると腸内環境がよくなると前項で説明しましたが、その結果脳への神経伝達もよくなるのです。

 

すると安眠やリラックス効果が得られるようになります。
つまり、ストレスが緩和されるのです。
ストレスは万病の元といわれるほど身体に悪影響を与えます。

 

単に病気になりやすくなるだけでなく、ダイエットの妨げにもなるのです。
例えば、ストレスがたまると過食しやすくなるので、摂取カロリーが増えがちになってしまいます。

 

そして、ストレスがたまると第二の脳といわれる腸の働きを悪くする作用があるのです。
腸は免疫細胞が全体の6割も存在する場所ですので、機能が低下すると免疫力の低下も招いてしまいます。

 

しかし、乳酸菌で腸内環境を整えることで病気になりにくく、かつダイエットがしやすくなるのです。

 

4.効果的な乳酸菌の摂取方法とは

乳酸菌を摂取するのに有効なのが、ヨーグルトを食べることです。
ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれているので、毎日食べることでしっかりと摂取することができます。
では、毎日どれくらいのヨーグルトを食べれば有効なのでしょうか。
その量とは、毎日200gです。

 

毎日200g摂取して、2週間ほどすれば多くの方は腸内環境が改善してきます。
また、この間にさまざまな乳酸菌を摂取すると、より健康的にダイエットができて効果的です。
1つのヨーグルトにこだわるのではなく、いくつかのヨーグルトを日替わりに食べてみてはいかがでしょうか。