日焼け止めの「SPF」「PA」って?どうやって使い分ければいいの?


日焼け止めのパッケージを見ると、SPF〇〇、PA+++といった文字が書かれていますよね。SPFやPAは、高ければ高いほど良いのでしょうか?
SPFとPAの意味、上手な使い分け方、日焼け止めの種類をご紹介します。日焼け止めを賢く選び、より効果的に日焼けを防ぎましょう!

1.紫外線の種類について

まずは紫外線の種類について簡単にお話しますね。

 

私達が日常生活の中で浴びる紫外線には、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2種類があります。

 

「PA」は、肌のシミ・しわ・たるみなどの原因となるUVAを、
「SPF」は肌が赤くなる日焼けの原因となるUVBを抑える効果を表す指標として使われています。

 

SPF50+やPA++++などの日焼け止めは、紫外線を抑える効果は強いですが、一般的に、数値が高いほど肌への負担が大きく、肌荒れや乾燥の原因になってしまうのです。

 

そうは言っても、日焼けはしたくないですよね!
どうすればいいのでしょう?

 

大切なのは、SPFとPAの使い分けなのです。

 

2.「SPF」と「PA」を使い分けましょう!

日焼け止めは、生活シーンに合わせて選ぶことが重要です。日焼けが心配だからといって、ちょっと買い物に出かけるぐらいなら、数値の高いものを選ばなくても大丈夫なんです。

 

もし、短時間でも紫外線が強い場所であれば、数値が高いものを選ぶようにしましょう。生活シーンによる、SPFとPAの使い分けの目安を書きますね。

 

日常生活(散歩、買い物)……SPF10〜20、PA+〜PA++
屋外での軽いスポーツやレジャーなど……SPF20〜30、PA+〜PA+++
炎天下でのレジャー、マリンスポーツなど……SPF30〜50+、PA++〜PA++++
非常に紫外線が強い場所や、紫外線に敏感な人……SPF50〜50+、PA+++〜SPF++++

 

ところで、日焼け止めと、SPF入りの化粧下地やファンデーションなどを重ねて塗った場合はどうなるのでしょう?

 

その場合は、SPFの高いものの数値が目安となり、足し算されるようなことはありません。SPFの数値が増えるわけではないので気をつけてください!

 

3.日焼け止めの種類

ここで、主な日焼け止めの種類についてお話します。
剤形だけでなく、顔用・全身用など様々なタイプのものがあるので、目的と肌質にあったものを使うようにしましょう。

 

 

・クリーム

保湿力が高く、化粧下地としても使いやすい。防水性が高く、ウォータープルーフタイプは、汗や水で落ちにくい。乾燥肌の人にもおすすめ。

・ミルク(乳液)

伸びが良いので塗りやすい。顔・全身用の商品が充実。刺激が弱く、敏感肌の人におすすめ。

 

・ローション

サラッとしていて肌なじみが良く、塗りやすい。肌に優しいのがおすすめポイント。SPF・PA値は低め。レジャーより日常使いに向いている。

 

・ジェル

みずみずしくサラッとしていて、伸びも良い。全身に塗りやすい。オイリー肌の人におすすめ。刺激が強い成分が含まれていることが多いので、敏感肌の人には向かない。保湿性も乏しいので、乾燥肌の人には向いていない。

 

・スプレー

背中など手の届かないところでも、素早く簡単につけられて、手もベタつかない。髪にも使える商品もあり。塗りムラができやすいので、スプレーした後に、優しく塗り伸ばすといいですよ。周囲に飛び散りやすいので注意。

 

・パウダー

メイクの上から手軽につけることができ、メイク直しに使いやすい。比較的、肌に優しい。落ちやすいので、マメに塗り直しが必要。

 

 

ザっとこんな感じですが、いろんなタイプがありますね!

 

メイン用におすすめなのは、「クリーム」「ミルク(乳液)」「ローション」「ジェル」タイプ

 

塗り直し用としておすすめなのは、手軽な「スプレー」「パウダー」タイプ、といったところでしょうか!

 

日焼け止めは、生活シーンによってSPFとPAを上手に使い分けるのがポイントです!種類もたくさんあるので、目的や肌質に合わせて、自分に合った日焼け止めを選びましょう!