美しさには秘密がある!キレイな人が実践している睡眠法


キレイを維持している人ってどのような美容対策をしているのか気になりませんか。

 

どんなにしっかりとスキンケアをしても老化を加速させている方もいれば、若々しさを維持している方もいらっしゃいます。

 

その違いは何なのか気になりますが、実は睡眠の取り方によって大きな差が生まれることがわかってきました。

 

この記事では、どのような睡眠を取ればキレイを維持できるのかについて詳しく解説していきます。


新・王様の夢枕(枕カバー付き) 100万人が安眠、あの王様の夢枕がさらに眠りやすく進化し15年ぶりのリニューアル 【枕 まくら 王様 夢枕 ビーズ いびき 安眠枕 ギフト プレゼント】【N】【名入れ対応可(+550円)】

7480円

【限定クーポン配布中】枕 肩こり 整体 おすすめ rakuna ラクナ 枕 まくら 整体枕 ほぐし 解消 首こり 負担 軽減 軽く 頚椎 ストレートネック 快眠枕 安眠枕 整体師 監修 横向き マッサージ 整体師枕 サポート 快眠 おすすめ 人気プレゼント送料無料

6990円

【期間限定10%OFFクーポン】送料無料 マジカルピロー 枕 まくら 夢枕 いびき 安眠枕 母の日 父の日 敬老の日 ギフト プレゼント 贈り物 ぐっすり

5980円

★ポイント20倍:27日09:59迄★枕 まくら ハニカムジェル二層ハイブリッド枕/フロート ホワイト/グレー CGHJP-3555枕 まくら マクラ ピロー ハニカムジェル構造 ハニカムジェル 二層 ハイブリッド枕 体圧分散 通気性 リバーシブル寝具クリアグローブ 【D】

5980円

【お得な2個組】昭和西川 洗える リッチなホテル仕様枕 2層式 ホテルモードまくら GP-1911 43×63 側地 ポリジン・ピーチスキン加工【わた ウォッシャブル 寝返り 横向き ギフト 肩こり いびき プレゼント 頭痛 抗菌 防臭 送料無料】【あす楽対応】

5980円

低反発枕 枕 プレミアム GOKUMIN いびき防止 ストレートネック 肩こり 快眠 誕生日

3280円

【楽天配送】枕 低反発枕 まくら 人気安眠枕 快眠枕 健康枕 いびき防止 頚椎サポート 仰向き横向き対応 肩こり対策 ストレス解消 頭痛改善 高さ選択可能 ピロー 家族のプレゼント

2988円

【\20%OFF大特価/ 最安値挑戦 数量100個限定♪】枕 ホテル品質の快眠枕 高度調節可能 立体構造 丸洗い可能 高級ホテル仕様 43x63cm ホワイト【送料無料】

2064円

日本製 国産 35x50cm/43×63cm 枕 まくら マクラ 寝やすい 低めの枕 ふわふわ弾力枕 ヌード枕 ほこりが出にくい枕 ホテルタイプ 抗菌 防臭 丸洗いOK ウオシャブル 父の日 母の日 プレゼント 洗えるまくら 1枚物

1480円

 

1.美しさに上質な睡眠が欠かせない理由

「寝る子は育つ」という言葉があるように、睡眠は身体を維持するのに欠かせません。
そして、健康だけでなく美容にも同様のことがいえるのです。

 

子どもの場合は、睡眠によって身体が作られていきます。
大人になると、もう成長しないので睡眠を取らなくてもよいと軽視しがちになります。

 

しかし、睡眠は成長するためだけでなく、身体を修復する役割も持っているのです。

 

睡眠不足が続くと意識がしっかりしなかったり、だるさを感じたりします。
これは、睡眠によって修復される脳や身体の細胞が十分に修復されていないために起こっているのです。

 

もし、十分に睡眠が取れていない状態が続くと肌細胞は修復されません。
その結果、肌のハリやツヤが失われたり、肌のバリア機能が低下して肌トラブルを引き起こしやすくなったりするのです。

 

2.22時までに寝ると肌にいい!

睡眠を取ることで傷ついた細胞は修復されるので、肌を生まれ変わらせられます。

 

しかし、ただ寝ればいいというものではありません。
細胞を修復させるためには最適な時間帯があるのです。

 

それが「シンデレラタイム」といわれる22〜2時の間の4時間です。
この間に睡眠を取れば、アンチエイジングに効果的な成長ホルモンを最も分泌させられます。

 

成長ホルモンとは、骨を作って身体を大きくするだけでなく、新陳代謝を促進して肌細胞を修復する働きがあるのです。

 

お昼の間に紫外線や大気汚染などによって受けた肌のダメージを修復してくれるので、美肌のためにはシンデレラタイムに寝ていることが必要なのです。

 

他にもこの時間帯は、メラトニンという「睡眠ホルモン」の分泌も高まります。

 

メラトニンが最も分泌されている間に寝ることで、質のよい睡眠が取りやすくなるのです。
また、メラトニンは抗酸化作用といって、細胞がサビるのを妨げる作用もあります。

 

美肌を保つには欠かせないホルモンなのです。

 

夜は自由な時間なので、夜更かししてしまいがちになります。
しかし、美しさを保つには夜しっかりと睡眠を取ることが欠かせません。
ダラダラとテレビやスマートフォンをするのなら、サッとお布団に入ることをおすすめします。

 

3.睡眠前にリラックスするコツ!

いくら美容のためとはいっても、すぐに生活習慣を変えて22時に寝付くのは簡単ではありません。
そこで、22時に眠るためのリラックス法をいくつか紹介します。

 

1つ目は、「アルコールやカフェインの摂取を避ける」です。
アルコールやカフェインは入眠を妨げたり、睡眠中に起きやすくしたりします。
睡眠の2時間前からはこれらが含まれたものは口にしないようにしましょう。

 

2つ目は、「アロマオイルを利用する」です。
アロマによって嗅覚を刺激するとリラックスが得られます。
おすすめは、睡眠を促す作用があるラベンダーやカモミールです。
睡眠前に寝室を香りづけするとよいでしょう。

 

3つ目は、「柔軟体操をする」です。
柔軟体操によって少し体温を上げておくと、お布団に入ったときに体温が下がって入眠しやすくなります。

 

4つ目は、「ブルーライトを目に入れない」です。
パソコンやスマートフォンの放つブルーライトは、脳を冴えさせる作用があります。
就寝前に触っていると入眠の妨げになるのです。

 

どれも少しの工夫で実践できることです。
これらを実践して上質な睡眠を取ることで、美しさを維持しやすくなります。
今日から試してみてはいかがでしょうか。