紫外線対策していますか?シーン別、日焼け止めの使い方!


夏になると紫外線がより一層気になりますよね。日焼け止めを塗っていたはずなのに肌が焼けていたり、赤くなってヒリヒリしたり…といった経験はないでしょうか?

 

「日焼け止めを塗っていれば安心」と思っていたら大間違いです!紫外線の危険性やシーンに合わせた日焼け止めの使い方を知り、今年は焼かない肌を目指しましょう!

 

1.紫外線の浴びすぎはNG!人体に与える影響とは?

 

紫外線を浴びることによって、私たちは骨や歯を形づくる時に必要なビタミンDを作りだすことができます。しかし一方で、紫外線を浴びすぎることは私たちの体に悪影響を与えることもあるんです。まずは紫外線が体に与える影響をご紹介します。

 

皮膚が傷付く
美肌を保ちたい方にとって、紫外線は大敵ともいえます。シミやしわ、そばかすの原因となるだけでなく、たるみが増えてしまい老け顔の原因となってしまうことも。皮膚が衰え、皮膚がんになる可能性も高くなります。

 

目が傷付く
「太陽を直接見てはいけない」とよく耳にするのは、紫外線によって目が傷付く可能性が高いからです。白内障や角膜炎といった目の病気の原因となります。最悪の場合、失明してしまうことも。皮膚だけでなく目も紫外線から守ることが大切です。

 

免疫力が低下する
紫外線を多く浴びてしまうと、病気などを予防する免疫システムが上手く機能しなくなるといわれています。免疫力が低下し、体調を崩しやすくなってしまうので注意が必要です。夏バテや風邪などにかかりやすくなります。

 

2.日焼け止めをシーンに合わせて上手に使い分けよう!

 

紫外線対策をする上で有効な方法として「日焼け止めを塗る」というものがあります。しかし、単に日焼け止めを塗れば良いというものではありません。場面に応じて日焼け止めの種類などを変えることによって、紫外線対策をより効果的に行うことができます。

 

日焼け止めに表示されている「SPF」や「PA」、意味を知らずに使っている方も多いのではないでしょうか。まずは、それらについて簡単にご説明します。

 

SPF:B派紫外線(日焼けや発がん性に関連があるといわれている)から皮膚を守る。
   1〜50+までの数値で表示されており、数値が大きいほど防御効果が高い。

 

PA:A派紫外線(皮膚のシミやしわに関連があるといわれている)から皮膚を守る。
   4段階の「+」マークで表示されており、+が多いほど防御効果が高い。

 

効果が高いからといって、単に数値が大きいものを使えば良いという訳ではありません。数値が上がると肌への負担が大きくなるため、日常使いには適していないのです。場面に応じて日焼け止めを使い分けることが大切です。

 

【炎天下でのマリンスポーツなど】
長時間紫外線にさらされる環境にいる場合、「SPF50+・PA++++」がおすすめです。
汗や水に強い日焼け止めを選び、こまめに塗り直すようにしましょう。

 

【屋外での軽いスポーツなど】
ウォーキングなどの軽いスポーツを屋外で楽しむ場合、「SPF30・PA+++」がおすすめです。汗をかいても崩れにくいタイプのものを選びましょう。

 

例え効果の高い日焼け止めを使っていたとしても、長時間その効果が継続する訳ではありません。2〜3時間おきに日焼け止めを塗り直すように心がけましょう。

 

 

(まとめ)
紫外線は曇り空の日も降り注いでおり、1年を通して対策が必要です。日焼け止めの他にも帽子・日傘・サングラス・アームカバーを使うとより効果的でしょう。
シーンに合わせて日焼け止めを使い分け、美しい肌をキープしましょう!