ダイエットの定番といえば、食事制限です。特に朝は食欲がなかったり忙しかったりするので、朝食を抜いている方も多いのではないでしょうか。しかし、朝食を抜くことはダイエットにとってよくないだけでなく、健康や美容にも悪影響を与えます。朝食を食べことは長期的かつ健康的にダイエットを成功させるために欠かせません。では、どのような朝食を摂るのがダイエットに向いているのでしょうか。この記事で詳しく解説していきます。

 

1.朝食を抜くと太りやすい身体になる

まず、朝食を抜くことがいかにダイエットによくないのかについて説明します。
朝食を抜くと丸々1食分の摂取カロリーをカットできるので、効率的な方法のようです。しかし、全くの逆効果です。夜ご飯を食べてからずっと栄養を補給していない身体は栄養が不足しています。そのままお昼まで我慢して急に昼食を食べると、急激に血糖値の上昇が引き起るのです。異常に増えた血糖値を下げるためにインスリンが分泌されますが、インスリンはグリコーゲンというエネルギーになるが脂肪にもなる物質を作ります。つまり、食事を抑えて摂取カロリーを抑えたにも関わらず、身体は脂肪を作りやすい状態になってしまうのです。

 

さらに、朝は身体の中に栄養が不足し、エネルギーの原料がない状態です。そのため、体温が低い状態になるので、基礎代謝が高まらず消費エネルギーも増えません。つまり、身体にカロリーが溜まりやすく、痩せにくく太りやすい状態になるのです。

 

2.バランスのよい食事を摂るのがベスト

ダイエットでは朝食を摂ることは基本です。では、どのような食事がよいのか説明していきます。

 

2-1.タンパク質と糖質は基本

ダイエットではタンパク質と糖質をしっかりと摂取することが大切です。タンパク質とは、内臓や筋肉、髪の毛などありとあらゆる身体の細胞を構成する物質です。つまり、タンパク質が不足すると身体に重大な悪影響を及ぼしてしまいます。朝食でしっかりと摂取して、栄養が不足した身体に行き渡らせることが大切です。

 

また、糖質とは、即ちエネルギーのことで、車に例えるならガソリンにあたります。しっかりと摂取しなければ仕事や家事などの生活に支障をきたします。さらに、適度な糖質を摂取しておくことで、血糖値が異常に高まったり低くなったりするのを予防できるのです。血糖値をコントロールすることで、インスリンの分泌を減らして脂肪がつきやすい状態を防げるのです。

 

2-2.ビタミンをしっかりと摂取

「ビタミン」とは身体によいことは知っていても、具体的にどんな働きをしているかまでは知らない方も多いのではないでしょうか。ビタミンとは、身体を健康的に保つのに欠かせない栄養素です。

 

例えば、ビタミンB群は、摂取した栄養素をエネルギーに変えるのを助ける働きをしています。例えば、糖質を摂取したとしても、スムーズにエネルギーに変換されなければ、脂肪として身体に溜まってしまいます。また、ビタミンAやC、Eなどは、血管が老化していくのを防いで、血行がスムーズに流れるようにしてくれています。血行が悪くなると代謝が下がるので、ダイエットに支障をきたします。

 

ビタミンは外からしっかりと摂取しなければ不足してしまう栄養素です。健康を維持するためにも、朝にしっかりと摂取するようにしましょう。

 

2-3.食物繊維があればなおよい

三大栄養素にビタミンやミネラルなどバランスのよい食事ができていれば、健康的にダイエットができます。しかし、これらの栄養素に加えて食物繊維が摂取できればなおよいでしょう。そのために、朝食に果物を食べるがおすすめです。果物には糖質がたくさん含まれているので、ダイエット中は敬遠されがちです。しかし、果物にはたくさんの食物繊維が含まれています。

 

食物繊維の特徴は、消化器官で消化されない点です。強力な酸性である胃酸に浸しても消化されることがないので、腹持ちがよいのでダイエット中は積極的に摂取したい成分といえます。また、水分に触れると膨張するので、胃に入ると膨らんで満腹中枢が刺激してくれます。適度に摂取することで、食べ過ぎを防げるのです。さらに、食物繊維が多く含まれている食べ物は何度も咀嚼しなければなりません。それによっても満腹中枢を刺激できるのです。

 

3.毎日3食を控えめに摂りましょう

上記で説明した通り、食事を抜くというのは、血糖値の急騰を招いて太りやすい身体を作ってしまいます。そのため、朝食を含めて、毎日3食食べることがダイエットでは欠かせません。しかし、たくさん食べてはダイエットはできませんので、それぞれ量を抑えて食事をするようにしましょう。