ダイエットのために食事に気を遣っている方は多いのではないでしょうか。そんな食事に気を遣っているダイエッターにおすすめなのが、お茶とコーヒーを使ったダイエットです。それぞれダイエットに有効な成分が含まれているので、ダイエット中に飲むとダイエットの助けとなります。しかし、ただ飲むだけでは最大限に効果を発揮させることはできません。そこで、この記事では、お茶、特に緑茶とコーヒーでダイエットをスムーズに進めるための飲み方を紹介していきます。

 

1.お茶とコーヒーでダイエットができる理由

まず、緑茶とコーヒーにはどのような効果があるのか、それぞれ説明していきます。

 

1-1.お茶の効果

緑茶には、脂肪燃焼効果を高めるカテキンが含まれています。ダイエットを成功させるためには余分な脂肪を落とすことが肝心ですが、緑茶を飲むことで脂肪燃焼をサポートできるのです。さらに、緑茶を飲めば、テアニンという成分も豊富に摂取できます。テアニンは、リラックス効果が得られる他、過食を予防する効果もあります。テアニンを食事前に飲むことで自然と食べ過ぎを抑えられるので、過食を促進してしまうストレスを溜めることも予防できるのです。

 

つまり、緑茶を飲むことで、脂肪燃焼効果が得られて過食を予防して摂取カロリーを抑えられるのです。

 

1-2.コーヒーの効果

コーヒーには、ポリフェノールのクロロゲン酸という脂肪を燃焼する作用がある成分が摂取できます。カテキンと同様に脂肪の燃焼を助けますが、クロロゲン酸は脂肪燃焼に加えて血糖値を抑える効果もあるのです。血糖値が高まると脂肪を溜めやすくするインスリンの分泌が増えてしまいます。クロロゲン酸は血糖値の上昇を緩やかにすることで、インスリンの分泌を抑えられるのです。

 

さらに、コーヒーに含まれているカフェインには脂質の代謝を促進する作用もあるので、高いダイエット効果が期待できるのです。

 

2.一緒に飲むことでダイエット効果が高まる

緑茶とコーヒーにはそれぞれダイエットに有効な成分が含まれています。しかし、別々に飲むのではなく、一緒に飲むことをおすすめします。そうすることで、相乗効果が得られるのです。

 

例えば、コーヒーのクロロゲン酸は血糖値の上昇を抑える作用がありますが、カフェインには血糖値を上昇させる作用があります。つまり、コーヒーだけではダイエット効果が弱まってしまいます。そこに緑茶を加えることでカテキンが糖質の吸収を抑えてくれるので、血糖値の上昇を抑えられるのです。その結果、血糖値の上昇を抑えて、脂肪の燃焼効率だけを高められるのです。

 

また、緑茶とコーヒーを混ぜることで、カフェインの過剰摂取も予防できます。カフェインの過剰摂取は健康に甚大な被害を与えますので、緑茶とコーヒーを飲むことで、健康的にダイエットができるようになるのです。

 

3.お茶とコーヒーで上手にダイエットをするコツ

3-1.1対1で割る

緑茶とコーヒーを混ぜる際に気になるのが、その割合だと思います。最も健康的にダイエットをするためには、1対1で割るのがおすすめです。こうすることで、カテキンやテアニン、クロロゲン酸をそれぞれ適量摂取することができるのです。

 

3-2.砂糖やミルクを入れない

緑茶とコーヒーをストレートで飲むと、苦いのではと心配になる方がいらっしゃいます。しかし、ダイエットのためには、砂糖やミルクを混ぜずに飲むようにしてください。砂糖を入れるとカロリーが高くなってしまいます。また、ミルクにはクロロゲン酸の吸収率を下げる作用があるので、ダイエットをするなら非効率です。

 

コーヒーに緑茶を混ぜるとブラックコーヒーよりはマイルドな味わいに変わるので、案外飲みやすくなります。しかし、慣れるまでは苦く感じるかもしれませんが、我慢してストレートで飲んでみてください。

 

3-3.インスタントや市販のものでよい

成分をしっかりと出すためには、お茶の葉やコーヒー豆を買わなくてはいけないと考える方がいらっしゃいます。しかし、インスタントや市販の缶やペットボトルでも十分効果が期待できます。特にこだわる必要はないので、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。