ダイエットにはさまざまな方法があり、新しいものがどんどん出てきています。その中で、今流行りのダイエットが「置き換えダイエット」です。ダイエットに興味がある方なら、多くの方は聞き覚えがあるのではないでしょうか。普段の食事をスムージーやシェイクなどに置き換えることで、摂取カロリーを減らすものです。新しいダイエットですので、この記事ではどのようなものなのか具体的に解説していきます。また、ダイエットを成功させるための上手な置き換え法も紹介します。

 

1.置き換えダイエットとは

置き換えダイエットとは冒頭でも説明した通り、通常の食事を別の食事に切り替えて摂取カロリーや栄養価などを調整するものです。置き換えダイエットのメリットは、しっかりと3食の食事が摂れるというところです。通常、ダイエットといえば厳しい食事制限があり、摂取カロリーを減らすために3食のうち1食を抜くこともあります。食事を抜くことで効率的に摂取カロリーを削減できるのですが、ストレスが溜まったり間食が増えたりしてリバウンドしやすいデメリットがあります。

 

置き換えダイエットは3食のうちの何食かを別の食材に置き換えるので、しっかりと食事を摂ることができます。つまり、食事をしないというストレスがかからない上に、しっかりと栄養を摂取できるので健康的にダイエットができるのです。さらに、置き換えダイエットは食事を置き換えるだけでできるので、手軽なこともあって広く人気が出てきているダイエットなのです。

 

2.栄養価の高いものと置き換える

置き換えダイエットを成功させるためには、栄養価の高いものと置き換えるようにしましょう。置き換えダイエットの弱点は、1日の栄養が少なくなることです。今まで500〜1000kcal程度摂っていた食事を100kcal未満に落とすので、必然的に栄養が不足しがちになります。栄養の摂取量を落としてしまうと、ダイエットができても健康管理はできなくなってしまいます。

 

そこで、初心者が置き換えダイエットをする場合は、置き換えダイエット用の食品を購入するようにしましょう。すると、たんぱく質やビタミン、食物繊維などしっかりと栄養を摂取しつつも、摂取カロリーは効率よく抑えられます。置き換えダイエット用の商品はいろいろありますので、自分に合ったものを選ぶとおいしくダイエットができます。

 

3.夕食を置き換えるのが有効

置き換えダイエットのポイント2つ目は、夕食を置き換えることです。通常の食事では夕食が贅沢になる場合がほとんどですので、必然的にカロリー摂取も多くなってしまいがちです。そこで、摂取カロリーが多い夕食を置き換えることで、摂取カロリーを減らせるのです。すると、自然と消費カロリーが摂取カロリーを上回って、体重が落ちていきます。

 

また、夕食の後は数時間で睡眠の時間になります。そのため、空腹を感じる前に寝てしまえるので、間食の誘惑に惑わされるようなことがありません。さらに、寝る前の食事によって得たエネルギーは消費されなければ脂肪になってしまいます。しかし、夕食前にカロリー摂取を抑えているので、脂肪になってしまうエネルギーはありません。つまり、夕食は置き換えダイエットにとって最も効果的な置き換えなのです。

 

もちろん、2食置き換えても問題ありませんが、夕食は外さないようにしましょう。

 

4. 朝とお昼は腹持ちのよいものを選ぶ


ダイエットをするためには、摂取カロリーを減らさなければなりません。そこで、置き換えダイエットをしない朝やお昼の食事もポイントになります。

 

おすすめの食材としては、食物繊維を多く含んだ食事を摂るようにするとよいでしょう。食物繊維は胃で消化されずに残るので、腹持ちがよく空腹感を抑えることができるのです。例えば、バナナやゴボウ、おから、こんにゃくなどがあります。これらを含んだ食事をすることで間食の回数を減らすことも可能になり、スムーズなダイエットができるようになるのです。