ダイエット中にカットする栄養素で1番に挙げられるのが「脂質」です。脂質は脂肪に直結する栄養素ですので、ダイエット中は特に気をつけて控えているという方は多いのではないでしょうか。しかし、脂質は糖質とたんぱく質に並ぶ三大栄養素の1つです。つまり、身体にとって欠かせない栄養素で、健康を維持するためには必要なのです。そのため、健康的にダイエットを成功させるためには、脂質を上手に摂取することが必要なのです。そこで、この記事では脂質の効果と上手に摂取する方法について解説していきます。

 

1.脂質制限のダイエットは効果的?

脂質の摂取を制限するダイエットはダイエットに効果があると思っている方は多いでしょう。実際、脂質の摂取を抑えたダイエットで成功した方もたくさんいらっしゃいます。カロリー面から見た場合、三大栄養素のうち糖質とたんぱく質は1グラム当たり4カロリーなのに対して、脂質は1グラム当たり9カロリーと倍以上もあります。
つまり、カロリー摂取を抑えるのであれば、糖質やたんぱく質よりも脂質を抑えた方が効果的といえるのです。そのため、脂質制限のダイエットは効果的と考えられているのです。

 

しかし、脂質を抑えるだけではスムーズにダイエットができない可能性があるのです。「脂質は脂肪になりやすいのでダメなもの」と考えがちですが、さまざまな役割と持っています。そのため、脂質を抑えすぎるダイエットは本当の意味で有効とはいえないのです。例えば、脂質の摂取が極端に減少すると、代謝が低下していきます。熱を作ってエネルギーを消費する身体の活動がスムーズにできなくなるので、一時的にダイエットが成功してもリバウンドしやすい身体になってしまうのです。

 

そのため、脂質を制限しすぎるのではなく、ある程度は摂取することがダイエットには必要なのです。ちなみに、脂質は消化に時間がかかるので、空腹を感じにくくする効果があります。このことからも、あまり脂質を制限しすぎるとお腹が空きやすくなって、糖質やたんぱく質を摂りすぎる結果になってしまいます。ダイエット中だからといって脂質をあまり制限しすぎるのではなく、適度に摂取することをおすすめします。

 

2.ダイエット中に求められる脂質とは

脂質を適度に摂るのがよいとはいっても、何でもかんでも脂質を摂っていいわけではありません。ダイエットに適した脂質を選んで摂取することが求められるのです。では、脂質とは何かというと、不飽和脂肪酸です。

 

脂質には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つがあり、不飽和脂肪酸はダイエットに有効な効果を秘めた脂質なのです。例えば、不飽和脂肪酸にはEPAやDHAなどがあります。これらの脂質は摂取することによって血液をサラサラにして代謝を良くしたり、体脂肪を分解しやすくしたりする作用があるのです。つまり、ダイエットに効果的な作用が脂質にあるのです。そのため、ダイエット中は無暗にお肉で脂質を摂取するのではなく、青魚などで不飽和脂肪酸を積極的に摂取することが求められるのです。

 

3. ダイエット中は食事のバランスに注意する


ダイエット中はとにかく食べる量を減らす、野菜中心の食事にしてカロリー摂取をカットするなどの方法をとる方がいらっしゃいます。しかし、健康的にダイエットするために、ダイエット中でも食事制限を無暗にせずにバランスのよい食事を心がけることが大切です。

 

例えば、ビタミンB群は代謝をサポートする作用がありますが、不足するとエネルギーの燃焼効率が悪化します。また、たんぱく質が少なくなると、エネルギーを作り出す筋肉の量が少なくなるので、結果的に太りやすい身体が作られてしまいます。このように、闇雲に食事制限をすると、ダイエットのためどころか反対に太りやすい身体になってしまうリスクがあるのです。

 

健康的で、かつリバウンドしないために、ダイエット中でも脂質をしっかりと摂り、バランスのよい食生活を心がけましょう。