ダイエットで悩んだらコンビニ弁当!?外食が高カロリーは今は昔

 
 


コンビニをはじめとした外食は便利な反面、高カロリーが約束されているのでダイエット中は食べない。こんな風に思っている方はたくさんいらっしゃいます。実際、お弁当やメニューにはハンバーグやスパゲッティなどの高カロリーなものが並んでいることが多いです。しかし、最近のコンビニにはカロリーに配慮した商品がどんどん出てきていて、おすすめできるものが増えてきています。そこで、この記事では、コンビニ弁当でダイエットができるのか紹介していきます。

 

1.コンビニ弁当のカロリーが高いは古い!?

ひと昔前はコンビニ弁当を食べれば、それだけで簡単にカロリーオーバーするようなものをいくつも見かけました。ハンバーグでいえば、牛と豚を使ったミンチですでにカロリーが高いのに、デミグラスソースでさらにカロリーを高めている。おいしいけどカロリーを気にしている方には買えないような商品が多かったです。しかし、最近は和風のソースやお豆腐で作ったハンバーグなど、カロリーを抑えられているお弁当が増えています。

 

ただ、カロリーを下げた分ボリュームが減っているのではと思う方もいらっしゃるでしょう。ところが、カロリーが下がっても満足感のある商品がいくつもあるのです。例えば、鶏のササミや白身魚などならカロリーを抑えながらでも、しっかりと満足できる食材です。また、食べ応えがあって、胃で膨張する特徴がある食物繊維を多く含んだ野菜を使うことで、「たくさん食べた」と思えるような工夫がなされているのです。

 

「コンビニ弁当」と聞くだけで、なぜか高カロリーに感じて敬遠してしまいがちです。しかし、今はさまざまな工夫が施されていて、ダイエット中の方でもおいしくいただけるお弁当が増えてきています。お昼ご飯はどうしようと悩んだ方は、ダイエット中の方でもコンビニを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

2.サイドメニューをチョイスしてバランス重視!

コンビニ弁当が低カロリーになってきたからといって、お肉類中心のお弁当だけを食べるのはおすすめできません。しっかりと野菜を食べることが必要です。いくらカロリーを抑えたとしても、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が不足したままでは健康的に痩せることはできません。また、栄養が偏ったことによって筋肉量が落ちてしまうと、痩せることに成功してもリバウンドしてしまうリスクが高まってしまいます。栄養バランスのよい食事で、健康的な身体を守りつつダイエットをするようにしましょう。

 

今は、袋に入ったヒジキや大根などの煮物があり、カロリーなども表面に書いてあったりします。これらを利用すれば、ダイエット中はカロリーを計算しながらさまざまな食材をコンビニで食べることができるのです。また、カップに入ったスープもおすすめです。スープは栄養をプラスできるだけでなく身体を温められるので、代謝をアップさせられます。コンビニ弁当ではメイン1つとサブを1つ2つ選ぶようにすると、栄養バランスが整ってベストなダイエットがしやすくなります。

 

3. おやつの購入もおすすめできる


ダイエット中はおやつを厳禁と決めている方がいらっしゃいます。確かにおやつはダラダラと食べることはカロリーが高まるばかりでおすすめできません。しかし、適度におやつを食べることはダイエットにとってメリットが多いのです。例えば、お腹が空きすぎて食べ過ぎを誘発するリスクを減らせます。また、ストレスの軽減にも有効です。そのため、時間と量を決めておやつを食べるようにするとよいでしょう。

 

コンビニには寒天や杏仁豆腐など低カロリーなおやつがいくつもあるので、1つ買ってみてもいいのではないでしょうか。特に、ナッツ類がおすすめです。ナッツ類は食べ応えがあり腹持ちもいいので、ダイエット中のおやつに最適です。

 

コンビニでお弁当を購入する際には、おやつも選んでみてはいかがでしょうか。