体脂肪率が見た目を左右する!理想の体型を手に入れるには?

 
 


ダイエットをしていると、どうしても体重を気にしてしまいがちです。あなたは自分の体脂肪率を理解していますか?実は見た目を左右するほど重要なものです。理想の体型を手に入れるために、体脂肪率にも目を向けてみましょう!

 

1.体重だけではなく、体脂肪率にも注目しよう!


体重は見た目で判断できず、自己申告をしない限りは周りの人にバレることもありません。
一方で体脂肪率は、見た目に大きな影響を与えます。体重が軽くても、体脂肪率が高い場合は太って見えることがあるのです。

 

体重と体脂肪は、そもそもどういった違いがあるのでしょうか。2つの違いを簡単にご紹介します。

 

? 体重:純粋な体の重さのこと
? 体脂肪:体にたくわえられた脂肪のこと

 

「水を飲んだら太った」という言葉をよく耳にしますが、それは体に水分の重さが加わっただけです。汗をかいたら水分は抜けていくので体重の数値は減りますが、本当に「痩せた」ということにはならないのです。

 

ダイエットにおいて本当に大事なのは「脂肪を減らす」こと。体重が減っていても体脂肪が減っていなければ、ダイエットに成功したとはいえません。

 

体重も気になりますが、それよりも大事なのは「見た目」です。痩せたいと思っている人は「水着を着たい」「ワンピースをキレイに着こなしたい」と何かしらの目標をもっているはずです。体重が標準値でも体脂肪率が高ければ、自分の思い描いた体型にはなれません。

 

見た目も引き締めたいのであれば、体脂肪率にも注目することが大切なのです。

 

2.見た目で勝負!美しい体型を手に入れるには?


体脂肪を減らすためには「食事」「運動」「生活」の3つの面からアプローチしていくことが大切です。急激に体重や体脂肪を減らすことは体に大きな負担がかかるため、おすすめできません。自分の体を少しずつ改善していきましょう。

 

【食事】
栄養のバランス、カロリーを意識しましょう。
ダイエットを行う上で、食事に気を付けている方は多くいらっしゃるでしょう。食事の量を極端に減らすことはもちろんNGです!体が飢餓状態だと勘違いしてしまうため、逆に脂肪をため込んでしまいます。「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」といった三大栄養素に加え、ミネラルとビタミンを含めた食生活を心がけましょう。野菜やキノコ類などの植物性食品を中心とした食事は、体脂肪を減らすのにも効果的ですよ。

 

【運動】
有酸素運動と無酸素運動を組み合わせ、継続して取り組んでみましょう。
ウォーキングなどの有酸素運動は減量に効果的ですが、筋肉はなかなか鍛えられません。筋トレなどの無酸素運動で筋肉を鍛えることによって、基礎代謝の向上が期待できるだけでなく、体を引き締めることも可能です。有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることで、より効果的に脂肪を燃焼することができます。

 

【生活】
規則正しい生活を心がけましょう。
不規則な生活は体に不健康です。夜更かしをしてしまう、朝はギリギリまで寝ている、朝食を食べない、などなど…当てはまる点はないでしょうか?生活リズムが乱れていると、食事のバランスなども偏ってしまいがちです。自分の生活習慣を振り返り、規則正しい生活が送れているかチェックしてみましょう。

 

毎日少しずつ積み重ねていくことで、体型も変化していきます。ただし、体脂肪の減らしすぎには要注意!女性の場合は体脂肪率が12%を切ると危険です。健康で美しい見た目を目指しましょう。

 

(まとめ)
体重の数値だけ気にして一喜一憂するのではなく、体脂肪率も気にしてみましょう。筋肉は重いので、体重が増えていることもあるかもしれません。体重だけでなく見た目も気にしてみることで、自分の体型の変化にもいち早く気付くことができますよ。